鎌倉のお寺や神社に行くことが多くなったのですが、最近は年に3~4回くらい行ってます。今まで行った時期は全てアジサイか桜か梅が咲いている時期で、それ以外の時期で鎌倉へ行ったことがありませんでした。

今年のアジサイが咲いた時期に鎌倉へ行ったときに、花とお寺と神社が目的で鎌倉に来ていて、秋にもいろいろな花が咲いてるのにまだ一度も来たことないなと思ったので、今年は秋にもぜひ鎌倉に来ようと思いました。

とはいえ鎌倉にはお寺や神社はたくさんあって、まだいったことがないエリアやお寺や神社もたくさんあるので、どこへ行こうかとかなり迷いました。

地図を見たら金沢街道沿いのお寺や神社は街道に沿った近くにしかなく、短時間で全部行くことができそうだったし、鎌倉五山に含まれるお寺でまだ行ったことがない浄妙寺というお寺もあったので、このエリアを行くことにしました。

鎌倉五山というのは鎌倉時代に鎌倉にある禅宗という宗派のお寺の格付けを現したもので、そのうち上位5つのお寺を鎌倉五山と呼び、上位から順に建長寺・円覚寺・寿福寺・浄智寺・浄妙寺となっているので、浄妙寺は順位ではいちばん低い5位のお寺です。

人が少なくゆっくり見て回れました

金沢街道沿いにあるお寺や神社は他のエリアのお寺や神社に比べると規模が小さいところが多いですが、拝観料が無料のところが多く拝観料があっても100~200円と安くなっています。

観光客がいつ行っても多くて大混雑している鎌倉でも、このあたりは鎌倉でも少し奥まったところにあるので観光客が少なめで、お寺や神社をじっくり見たり写真を撮るには人が邪魔になりません。

規模が小さいと見るのにそんなに時間がかからずたくさんの場所に行けるので、他の有名なお寺や神社よりも見どころは少ないかもしれませんが、鎌倉の中でも穴場的な観光スポットではないかと思います。

行った場所は浄妙寺・報国寺・杉本寺・光触寺・明王院の5つお寺と、十二所神社と大江稲荷社二つの神社で、神社はどちらも鳥居と社があるだけの小規模でこんなもんかと少し期待外れでした。

一方、お寺は小規模なところが多くてもどこも素晴らしく、立派なお堂や像・枯山水の庭・季節の草花は見ごたえがあり、明王院のかやぶき屋根の本堂・報国寺の竹林・浄妙寺の枯山水の庭など、お寺好きな者にとってはどこも最高な場所でした。

鎌倉にはまだまだ行ったことがないエリア・お寺・神社がたくさんあるので、また近いうちに行けたらと思っています。

鎌倉おすすめスポット