用件

カードローンの契約を結ぶ時、アナウンス役のスタッフから用途について質問される場合もあります。私も契約について説明を受けている時に質問をされて、思わずビックリしてしまったことがありましたね。もし用途について聞かれた場合、以下にまとめる内容を参考にしてその場を上手く乗り切りましょう。

まずカードローンにも複数の種類がありますよね。たとえばフリーローンだけど、名前の通り借り入れたお金の使い道が原則として自由なローンのことです。趣味に使ったり友人との交際費に使っても、特に問題ありません。フリーローンの契約でスタッフから用途を聞かれたら、正直に理由を答えても問題ないでしょう。

用途が限定されるローンもある

住宅ローンやマイカーローンのように、用途が最初から限定されているものは注意してください。たとえば住宅ローンは、家の購入資産でなければ使えません。マイカーローンも車を購入するためにあるものなので、それ以外の用途で申し込んでも断られてしまうでしょう。

私の場合は欲しいものがあったため、フリーローンの契約を申し込みました。カード会社から質問されて正直に答えたけど、特に文句は言われませんでしたね。ただしすべての用途が認められるわけではありません。フリーローンの用途は原則自由であっても、例外もあるので注意してください。

契約を結ぶ理由がギャンブルである場合、審査を通過できない可能性もあります。ギャンブルのために借金をすることは、世間的には悪いイメージが強いかもしれません。お金を貸す側としても、ギャンブルのために借金をする人とは関わりたくないかもしれないですね。ギャンブルは100パーセント勝てるわけではなく、負けてしまえば損をしてしまうためです。

そしてギャンブルにはパチンコ依存症などの病気もあり、負けた後もお金を使い続けてしまう人もいます。負け続けている人は損失だけが大きくなり、自分の収入だけでは借金を返せないかもしれません。そうなるとカード会社は債権回収ができなくなるので、ギャンブルという用途はおすすめできません。

また投資目的で債権や有価証券を購入するという用途も、カード会社によっては認められないこともあるでしょう。そもそも事業性資金としてカードローンを利用することを、消費者金融や銀行は原則として禁止としています。事業主が個人利用を目的として契約を結ぶことは、特に問題ないでしょう。

申し込み前にホームページでサービスを確認

カードローンの契約を結びたい人は、そのカード会社の公式ホームページをチェックすることをおすすめします。事前に情報を仕入れておけば、いざという時の答え方が楽になるかもしれないですよ。そのカード会社がどのような用途でなら契約するかを知っておけば、それに合わせてスムーズに答えられるでしょう。

公式ホームページ上から申し込みを行う場合、専用フォーラムにある専用フォーラムをチェックしてください。項目の中に用途に関するものがあれば、その内容を必ずチェックしておきましょう。自分の用途に合う項目があれば、それを選択すれば良いです。

決して嘘を付いて良いわけではないけど、自分の用途に合うものがなければ最も近いものを選ぶと良いでしょう。たとえば大きな機材を購入したいのに、それに似合う項目が用意されていない場合です。その場合レジャー目的や生活費などの項目を選べば、特に問題ないでしょう。

どうしても迷ってしまった場合、素直にカード会社に問い合わせてアドバイスをもらうのもおすすめですよ。用途に問題がなければ正直に答えて、問題がありそうな場合は利用すべきか一度考えてみましょう。使い道が自由なローンを選ぶこともポイントなので、複数のカード会社から使いやすそうなものを選んでください。

お金がない!